ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

循環器内科

循環器内科の特色

循環器内科の集合写真
循環器内科の治療イメージ

 当科では、日本における3大死因の一つである心臓疾患の診断および治療を主に行っております。当院が掲げる基本方針の柱の一つである救急医療の現場において、循環器疾患の占める割合は非常に多く、特に急性心筋梗塞、急性心不全、不整脈などの循環器救急疾患においては少しの対応の遅れが命に関わることも少なくありません。2015年5月の新病院移転を契機に循環器内科スタッフが大幅に増員となり、チーム一丸となって24時間体制で迅速かつ適切な医療を提供しております。またスタッフ全員が日進月歩の知識・技術を積極的に取り入れ、大学病院との強固な繋がりのもと常に最新の医療を提供できる体制となっております。

 また、循環器疾患では糖尿病や腎臓病、脳血管疾患など複数の疾患が併存することが多いですが、総合病院であることから他科とのコミュニケーションも密にとることができます。専門に偏らない全人的医療の提供、あるいは次代の優れた人材の育成にも非常に適した環境であり、研修医・コメディカルの教育・指導にも高い評価をいただいております。医療の高度化、専門分化が進む中で、質の高い医療従事者の養成や、質の高い医療提供の環境整備を図っていくことにより、結果として患者様に良質な医療が提供されるのだと考えます。

動悸・息切れ外来

診療内容

【虚血性心疾患】

突然の胸痛の原因となる急性冠症候群、労作性狭心症に対する経皮的冠動脈インターベンションを積極的に行っています。治療の遅れが命に関わりうる急性冠症候群に関しては、救急隊や救急科医師などと連携しながら、少しでも迅速な治療ができるよう以下のように様々な工夫をしています。

1. Mobile ER(ドクターカー)

できるだけ多くの命を救うべく、Mobile ER(循環器内科医同乗の救急車でのお迎え)の運用を開始しております。今のところ平日の日中のみの運用ではありますが、少しでも連携していただいている先生方の手助けになればと考えております。

胸痛、呼吸困難、激しい動悸、失神など、循環器救急疾患が少しでも疑われる患者様につきましては、診断がついていなくても遠慮なくご連絡ください。当院は総合病院ですので、もし循環器疾患でなかったとしても専門的な対応が可能です。重症の心不全が疑われる患者様の場合は、持ち運び可能な「非侵襲的陽圧換気補助装置」を持参いたしますのでご一報ください。

外観:Mobile ER(ドクターカー)

2.冠動脈CT

冠動脈CTはシーメンス社のDual Source CT(2×192スライス)が中四国で唯一稼働しており、高い時間分解能に加え世界最速のスキャン速度を有します。心拍コントロールや息止めもほとんど必要なく、かなり精細な画像が得られます。ご希望に応じて紹介いただいた当日での検査も可能です。原因不明の胸痛に対しては、CTで冠動脈・大動脈・肺動脈・深部静脈を同時に撮影することで、心筋梗塞・大動脈解離・肺塞栓といった重大な疾患を早期に鑑別することも可能です(トリプルルールアウト)。

正常血管

冠動脈CT:正常血管

左前下行枝の高度狭窄病変

冠動脈CT:左前下行枝の高度狭窄病変

トリプルルールアウトCT

CT:冠動脈

冠動脈

CT:大動脈

大動脈

CT:肺動脈

肺動脈

【末梢血管疾患】(閉塞性動脈硬化症、重症下肢虚血など)

2019年4月より末梢血管外来は週3日に増えました!(火曜日、木曜日、金曜日)

閉塞性動脈硬化症、特に足に潰瘍、壊死が起こる重症下肢虚血の患者様は、多くの疾患を合併しており、診療科の垣根を越えたチーム医療(循環器内科、整形外科、皮膚科、麻酔科、糖尿病内科など)が必要となります。当院では、総合病院としての利点を最大限に生かして、診療にあたれるよう整備し、末梢血管外来を行っております。
2019年4月から患者様の増加に伴い、火曜日、木曜日のみならず、金曜日の外来も開始しております。カテーテルによる血管内治療を中心に創傷管理、リハビリテーション、栄養指導、全身の動脈硬化の治療を行い、予後改善に努めてまいります。また、足のむくみが気になる患者様についても、深部静脈血栓症がないか、また他の原因となる疾患があるか、下肢静脈超音波を使用して、即日調べることができます。結果に基づき、適切な治療・アドバイスを行えると考えております。

案内PDF:抹消血管外来
※画像をクリックするとPDFが開きます

末梢血管外来からのお知らせ
※画像をクリックするとPDFが開きます

イラスト:末梢血管疾患

血管造影:末梢血管疾患

【心不全】

今後、高齢化社会が進んでいくにあたり、心不全発症率は確実に増加してくると言われております。急性心不全においては治療に一刻を争うことも稀ではなく、急性冠症候群と同様に迅速な対応が必要です。また慢性心不全においては、急性増悪をきたさないように自己管理することが非常に重要です。
息切れや浮腫みなどが気になる方は、早めに医療機関を受診してください。レントゲンで心臓の拡大を認めたり、血液検査でBNP値の上昇があった場合には心不全の可能性があります。
当院では心臓ドック、教育入院、心臓リハビリテーションにより、早期発見・早期治療・再発防止にも努めております。

①心臓ドック
動脈硬化危険因子の多い方など心不全のリスクが高い患者様には、ご希望に応じて心臓ドックをおすすめしております。詳細につきましては健康管理センターにお問い合わせください。

心臓ドックの検索項目
※画像をクリックすると拡大表示されます(PDFが開きます)

②心臓病教育入院
意欲の高い患者さんにおきましては3日間の心臓病教育入院をしていただき、徹底的に指導を行って一次予防に努めております。医師や看護師のみではなく、管理栄養士や薬剤師、理学療法士など多職種のスタッフにより食事療法や内服治療の必要性、適切な運動療法など、納得いくまで詳しく説明いたします。
心臓病教育入院の実施項目(3日間)
※画像をクリックすると拡大表示されます(PDFが開きます)

③心臓リハビリテーション
2017年4月より心臓リハビリテーションセンターを開設し、心疾患を発症した方に対して多職種による心臓リハビリテーションを行っています。心不全等の心疾患は再発予防が非常に重要で、再発予防のために医師、理学療法士、看護師、薬剤師、管理栄養士、メディカルソーシャルワーカーによる多職種でサポートを行い、さらに現在8名の心臓リハビリテーション指導士が在籍しており、より専門的な介入も行っています。入院中の患者様だけではなく、通院可能な方は定期的な外来心臓リハビリテーションも行っており、再発予防を継続して行うようにしています。

外来 心臓リハビリのご案内
※画像をクリックすると拡大表示されます(PDFが開きます)

 

【不整脈】

前兆なく突然起こる動悸は不整脈の症状かもしれません。その他胸の圧迫感やめまい、意識が遠のく感じなども不整脈でよくある症状です。不整脈の中には放置すれば突然死に至る危険なものもあります。また、不整脈以外では貧血や甲状腺疾患、自律神経障害なども動悸の原因となります。


当院では毎週月曜日の午前中に「動悸・息切れ外来」を開設しております。軽い症状でも重大な疾患が隠れている可能性がありますので、症状がある方はお気軽に受診をおすすめください。また、2017年4月からは岡山大学循環器内科名誉教授である大江透先生が教育・学術顧問として就任されます。不整脈の分野では世界的に有名な先生であり、専門性の高い診断や治療が可能です。


適応を十分に評価し、薬物治療やペースメーカ植え込み術を行っております。またカテーテルアブレーションや植え込み型除細動器などが望ましい患者さんにおきましては、岡山大学病院と連携をとって遅滞なく適切な治療をすすめております。

リンク:岡山市立市民病院循環器内科 facebook

脈の乱れについて

【医療機関の先生方へ】

日頃はひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございます。
救急患者さんへの柔軟な対応、ハイリスク患者さんへの積極的な介入の効果もあり、当院循環器内科入院患者数は右肩上がりに増加しております。心臓疾患は今後もさらに増えてくることが予想されており、治療を急ぐ疾患や急変も多く、速やかに対応できるよう2018年度も引き続き以下のような取り組みを実施し全力でサポートいたします。

  • 夜間・休日も循環器内科当直医が対応いたします!
  • ご要望に応じて救急患者さんを救急車でお迎えに上がります!(平日9 時~17 時)
  • 動悸・息切れ外来を開設しております!(毎週月曜午前)
  • 心臓リハビリテーションセンターで多職種による再発防止プログラムを実施しております!
  • 末梢血管外来を開設しております!(毎週火曜日、木曜日)

ご紹介いただいた患者様が心臓疾患でなくても、他専門科と協力して適切な医療を提供いたします。重症軽症に関わらず、お気軽にご相談をよろしくお願いいたします。

循環器内科の紹介資料
※画像をクリックすると拡大表示されます(PDFが開きます)

診療実績

グラフ図:診療実績

外来診療担当表

外来の診療担当表については、下記をクリックしてご覧ください(毎月更新)。

外来診療担当表

※外来診療休診のお知らせはこちらから

スタッフ紹介

主任医長
河合 勇介 Yusuke Kawai

顔写真:河合 勇介

出身

平成12年
鳥取大学医学部卒

専門

循環器疾患

資格
医学博士
循環器学会専門医
総合内科専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医 
岡山大学医学部医学科臨床教授 
日本内科学会中国支部評議員
JMECCインストラクター

医長
時岡 浩二 Koji Tokioka

顔写真:時岡 浩二

出身

平成17年
兵庫医科大学医学部卒

専門

末梢血管疾患
循環器疾患

資格

医学博士
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士
日本クリニカルパス学会 評議員 パス認定士
日本フットケア学会フットケア指導士

医長
小野 環 Tamaki Ono

顔写真:小野 環

出身

平成19年
愛知医科大学医学部医学卒

専門

循環器疾患

資格
医学博士
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士

医員
河村 浩平 Kohei Kawamura

顔写真:河村 浩平

出身

平成23年
岡山大学医学部医学科卒

専門

 

資格

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
浅大腿動脈ステントグラフト実施基準管理委員会認定実施医
日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士

医員
諸國 元太郎 Gentaro Shokoku

顔写真:諸國 元太郎

出身

平成26年
岡山大学医学部医学科卒

専門

 

資格
日本内科学会認定内科医

医員
黒田 和宏 Kazuhiro Kuroda

顔写真:黒田 和宏

出身

H28年
岡山大学医学部卒

専門

 

医員
植木 悠太 Yuta Ueki

顔写真:植木 悠太

出身

平成29年
島根大学医学部卒

専門