ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

リハビリテーション技術科

リハビリテーション技術科の紹介

リハビリテーション技術科はリハビリ専門医を中心に40名余りのリハビリスタッフで構成された病院の中央診療部です。院内各診療科からのリハ処方を受け入院患者さんへのリハビリの提供の可否を判断し、必要なリハビリ医療を提供しております。脳疾患センター、地域連携室をはじめ、各センター機能との連携もあります。SCU、ICUから病棟、退院、転院までをサポートします。

リハビリをするに当たり、その対極である安静と臥床がいかに患者さんにとって有害であるかを認識したスタッフにより、評価がされた後、治療が実施されます。
一部の診断がついていない方のリスクは想定ができず、すべてが対象とはなりませんが多くの患者さんではリハビリによるベネフィットがリスクを上回ります。もちろん医学的治療である以上、適応があり、リスクがあり、限界があります。

リハビリの強みは目的を達成するために、道具や社会資源の利用によりサポートできる手段を持っていることです。当院のリハビリテーション技術科の役割は、身体状態を低下させることなく、専門的対応をする次の医療、介護サービスにつなげること、もう一つは直接社会復帰が可能か評価をもとに判断することです。

患者さん本人はもとより、家族の方もリハビリチームの一員です。
今後の生活をよりよく自立、サポートするために安静及び臥床の問題を認識し一緒に頑張っていただきます。

リハビリ専門医、セラピストの教育にも関わらせていただいており、ご協力いただける患者さんへは学生とともに対応させていただく場合もあります。
臨時、常勤リハビリスタッフ募集を毎年、当院と、せのお病院では行っており、我こそはと思われる方はご連絡ください。
 
 

業務内容

理学療法部門

座る・立つ・歩くなど、基本動作能力の回復や維持、また障害の悪化の予防を目的に筋力強化、関節可動域の拡大麻痺の回復などの運動療法を提供していきます。
術直後や発症後早期の安静が必要とされる時期でもその後の順調な回復へと繋げるため、積極的に介入しています。
また、がん患者の方々に対する緩和ケアや体力維持向上目的の運動療法も積極的に行っています。

作業療法部門

主体的な活動の獲得をはかるため諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動(日常の生活、仕事、遊びに関わる諸活動)を用いて治療・指導・援助を行います。
当院の作業療法士(OT)は主に病気や事故の為、身体に障害を負った方々に対し今後生活していく為の問題を的確に評価しいろいろな作業活動を用いて治療を行います。
術後または発症早期より徹底したリスク管理のもと意識障害の改善や早期の身辺動作獲得に向けアプローチを実施しています。

言語聴覚療法部門

脳卒中や神経難病、事故などの後遺症で、発音が不明瞭になったり、言葉自体が思い浮かびにくくなったりすることがあります。また、相手の言っていることが理解しづらくなるといった症状が出たりして、コミュニケーションをとるのに支障をきたすことがあります。(言語障害・コミュニケーション障害)
さらに、言葉を話す時に使う器官と物を食べるときに使う器官は共通している部分が多く、飲み込みが悪くなってしまうことがあります。(摂食嚥下障害)
言語聴覚療法では以上のようなコミュニケーションの障害や摂食嚥下障害に対するリハを行っています。早期にリハを開始し、自宅復帰や社会復帰ができるよう、あるいはリハ専門病院へ移ってスムースにリハが継続できるよう、支援させていただきます

疾患別リハビリテーション

  • 運動器リハビリテーションⅠ
    上下肢の骨折、神経障害、靭帯損傷、肩関節疾患、関節リウマチ、変形性関節症等
  • 脳血管疾患リハビリテーションⅠ
    脳梗塞、脳出血、脳腫瘍術後
  • 廃用症候群リハビリテーションⅠ
    廃用症候群
  • 心大血管疾患リハビリテーションⅠ
    心不全、心筋梗塞等
  • 呼吸器リハビリテーション
    肺炎、慢性閉塞性肺疾患、無気肺等
  • がんのリハビリテーション
    血液腫瘍、消化器系癌、乳癌等の術後、化学療法後等
  • 摂食機能療法

スタッフ

理学療法士 28名 作業療法士 10名 言語聴覚士 7名
 (H31年4月1日現在)