ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

感染症内科

感染症内科の特色

当院感染症内科は2023年4月に新設されました。感染症専門医1名の体制で診療を行っています。

当院は救急医療に力を入れている病院であり、感染症に苦しむ患者さんが多く来院されます。肺炎・尿路感染症といったありふれた感染症はもちろん、敗血症、動物由来感染症、輸入感染症、免疫不全患者における日和見感染症等、幅広い対応が求められます。それらの感染症のために辛い思いをされている患者さんを、より早く・安全に救うことができるよう、お力添えをすることが当科の使命です。

他、感染症に関する社会問題に取り組むことも当科の役割であり、以下をミッションとして掲げております。

  • 抗菌薬が効かない薬剤耐性菌を地域で増加させない。
  • 地域の感染症専門家の人数を増やす。
  • 新型コロナウイルス感染症などの新興・再興感染症から地域を守る。

診療内容

現在、当院感染症内科は専門外来・専用病棟は持っておりません。院内の各診療科からのコンサルテーションを軸として診療しております。発熱患者の原因精査、抗微生物薬の選択、院内感染対策、ワクチン関連等、現場での判断が難しい場合に相談を頂いております。

その他、院内感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team:AST)、院内の新型コロナウイルス感染症対策チームでの活動も行っています。

その他

新型コロナウイルス感染症の治療薬であるパキロビッド®を処方するための、医療者向けツール作成のお手伝いをさせていただきました。
医療機関の皆様に是非ご活用頂けたらと存じます。

パキロビッド相互作用確認表

スタッフ紹介

医長
山田 晴士 Haruto Yamada

顔写真:山田 晴士

出身

平成23年
岡山大学医学部医学科卒

専門

感染症

資格
日本内科学会認定内科医
日本感染症学会感染症専門医
ICD制度協議会認定ICD(Infection Control Doctor)
臨床研修指導医