ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

臨床工学科

臨床工学科紹介

臨床工学技士とは、医師の指示のもと、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う医療スタッフのことをいいます。

最近では、医療ドラマなどにも登場したりしていますが医療現場で活躍されている様々な職種の医療スタッフの中では、歴史が浅く知名度も決して高いとは言えない職種ですが、医療機器管理業務や臨床業務での活躍する場を年々拡大していき、現在では、チーム医療には欠かせない職種となっています。

院内には、現在6人の臨床工学技士が勤務しており、病棟業務と臨床業務を行っています。
他の医療スタッフと協力し、医療現場で使用される医療機器が患者さんに安全かつ適切に使用されるように、日々、業務を行っています。

業務内容

病棟業務

  • 病棟で使用されている医療機器(輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器等)を中央管理することで、常に安全な状態で医療現場に提供できるよう努めています。
  • AEDや除細動器といった緊急時に使用される機器も定期点検を行っています。
  • 医療機器のトラブル対応や院内教育も行っています。
  • RST(呼吸サポートチーム)の一員として活動しています。
  • 末梢血幹細胞採取を行うための機械の操作、管理を行っています。
  • 肝細胞癌の治療の1つであるラジオ波焼灼療法(RFA)の機器の操作も行っています。
業務写真:医療機器管理
業務写真:病棟で使用されている医療機器
集合写真:病棟スタッフ
集合写真:病棟業務
業務写真:確認

臨床業務

手術室、ICU、血管造影室で医療機器の操作、点検を行っています。

手術室・内視鏡業務

手術の内容により使用される機器は様々です。当院ではナビゲーションや神経モニタリング装置、自己血回収装置といった機器の操作や管理を行い手術が安全に行われるように努めています。また、内視鏡業務では検査や処置の補助を行っています。

臨床業務写真:手術室・内視鏡
臨床業務写真:内視鏡
臨床業務写真:装置
ICU業務

血液浄化(HD,CRRT,PE)、補助循環装置(IABP,PCPS)、人工呼吸器といった医療機器の操作、管理、点検を行っています。

業務写真:ICU業務

血管造影室業務

血管内超音波診断装置(IVUS,OCT)の操作、カテーテル検査の補助、またポリグラフを使用し患者さんのバイタルサインを常に監視しています。
補助循環装置(IABP・PCPS)や体外式ペースメーカーの操作も行っており、ペースメーカーの植え込みではプログラマの操作も行っています。

業務写真:血管造影室 血管内超音波診断装置
業務写真:血管造影室 処置室
業務写真:血管造影室

認定資格保有者

  • 3学会合同呼吸療法認定士:2人
  • 透析技術認定士:1人
  • 医療情報機器コミュニケータ(MDIC):1人