ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

病理・臨床検査科

病理・臨床検査科の特色

業務写真
業務写真:顕微鏡

病院内では様々な科の医師が手術・内視鏡・針生検などの方法で組織や細胞を採取していますが、それを顕微鏡標本にして病名などを診断する部門です。

直接患者さんの目には触れにくい部門ですが、採取された検体が「良性なのか、悪性なのか」「早期がんなのか、進行がんなのか」「炎症の種類や程度はどうなのか」「薬の利きやすい型の病気か、そうでないのか」「手術の切除範囲は十分なのか」「もっと精密な検査や手術が必要なのか」など、みなさんの検査や治療の方針を立てるのに必要な情報を臨床医の先生にお伝えするための部門です。手術中に短時間で診断して、手術の方針を決める補助をすることもあります。

顕微鏡標本作製やそれを診断する技術には専門的なトレーニングが必要であり、間違いのない診断を行っていくために、日々講習を受けたり岡山大学その他の専門家の指導も仰いだりしながら業務を行っています。また、病院内で亡くなられた方の病理解剖を臨床医の先生とともに行い、死因の解明や病気の経過を調べて、今後の医療に生かすのも当部門の業務となります。

診療内容

  • 病理組織標本ならびに細胞診標本の作製・診断
  • 病理解剖

スタッフ紹介

主任医長
小田 和歌子 Wakako Oda

顔写真:小田 和歌子

出身

平成9年
岡山大学医学部医学科卒

専門

臨床病理全般

資格
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
死体解剖資格
病理専門医研修指導医

顧問
大江 透 Tohru Ohe

顔写真:大江 透

出身

昭和44年
東京医科歯科大学医学部卒

専門

循環器疾患

資格
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
米国内科学会専門医
米国心臓血管学会専門医