ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

病診連携研修会(3S会)

平成14年7月に地域医療への貢献を目的に医療機関の皆様と合同で研鑽を積む会を発足致しました。
この会では、日常の診療に有益な「症例検討会」や「研修会」を定期的に開催するほか、時節に即した講演会の実施も予定しております。
対象は医師だけでなく、看護師、その他医療スタッフ全員としております。

研修会写真:病診連携研修会(3S会)
研修会写真:病診連携研修会(3S会)02

研修会開催状況

第47回
平成31年6月12日実施
参加者数 106名
(院外から58名参加)
研修会報告書はコチラから
「北長瀬移転後4年間における病診連携の実態」
題 目

1. 「進化した整形外科」
      岡山市立市民病院 副院長 臼井 正明

2. 「消化器内科における地域連携の重要性」
      岡山市立市民病院 消化器内科主任医長   喜多 雅英

3. 「どうへらす?~被ばく線量と造影剤」
      岡山市立市民病院 放射線科主任部長      羽原 理佐
第46回
平成31年2月13日実施
参加者数 87名
(院外から48名参加)
研修会報告書はコチラから
「今シーズンの花粉症にそなえる」
題目
  1. 「花粉症と喘息の切っても切れない関係」
    岡山市立市民病院 呼吸器内科主任部長  洲脇 俊充
  2. 「抗アレルギー薬について」
    岡山市立市民病院 薬剤師        八木 心平
  3. 「小児の舌下免疫療法の実際」
    岡山市立市民病院 小児科主任部長    萬木 章
第45回
平成30年10月10日実施
参加者数 88名
(院外から40名参加)
「平成30年7月 豪雨災害における地域医療および岡山市の取り組み」
題目
  1. 「豪雨災害におけるプライマリーケア医の役割」
    片岡内科医院 院長           片岡 廉
  2. 「7月豪雨災害における当院の活動報告」
    岡山市立市民病院 救急外来主任看護師 赤堀 貴政
  3. 「平成30年7月豪雨対応と災害時の保健医療救護に関する岡山市の対応」 
    岡山市保健所 所長           松岡 宏明
第44回
平成30年6月6日実施
参加者数 111名
(院外から57名参加)
「岡山市民病院における腎疾患治療の幕開け」
題目
  1. 「市民病院での緊急透析の適応と実態」
     岡山市立市民病院 救急センター長     桐山 英樹
  2. 「腎臓内科の役割について」
     岡山市立市民病院 腎臓内科        澁藤 宣行
ディスカッション
「循環器専門医と腎臓専門医の高血圧処方に違いはあるのか?」
    
 司会      川口メディカルクリニック 院長     川口 光彦
     パネリスト 
           森谷内科・循環器科医院  院長        森谷 広樹
           岡山市立市民病院  救急センター長      桐山 英樹
           岡山市立市民病院  腎臓内科         澁藤 宣行
第43回
平成30年2月14日実施
参加者数 79名
(院外から41名参加)
「喘息の治療(小児~成人)」
題目
  1. 「小児喘息の診断~長期管理」
    岡山市立市民病院 小児科主任医長     伊藤 周代
  2. 「成人喘息の長期管理のコツ」
    岡山市立市民病院 呼吸器内科主任部長   洲脇 俊充
  3. 「幼児喘息患者を診る内科医のジレンマ」
    まつお内科クリニック 院長        松尾 圭祐
第42回
平成29年10月18日実施
参加者数 110名
(院外から63名参加)
「心疾患における 危険な症状 」
題目
  1. 「とても危険な症状・失神 とても危険な症状・失神 」
    岡山市立民病院 循環器内科 医長      河合 勇介
  2. 「失神を起こす不整脈の診断と治療 失神を起こす不整脈の診断と治療 」
    岡山市立民病院 教育・学術 顧問      大江 透
第41回
平成29年6月1日実施
参加者数 143名
(院外から94名参加)
「腰痛」
題目
  1. 「腰痛診療のコツとピットフォール」
    岡山市立市民病院 整形外科医長       杉本 佳久
  2. 「姿勢ケアと運動療法から腰痛を○○○」
    岡山市立市民病院 リハビリテーション科部長 難波 孝礼