ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

救急科

救急科の特色

断らない救急医療をめざして。地域の医療機関と連携して患者さんを支えます。

「基本理念」、「基本理念に基づく行動指針」については救急センターのページをご覧ください。

救急について

岡山ERは今までの救急医療とどこが違うのですか?

24時間365日、病気の領域や症状の程度にかかわらず、すべての患者さんを受け入れて初期診療を行うのがER(救急治療室)です。ここ数年、岡山市でも人口の高齢化とともに救急車の出動件数が急激に増え、救急における病気の診断や管理が難しくなっています。地域とともに“断わらない救急”を目指すのが「岡山ER」コンセプトです。実際は救急総合診療科が中心となって各専門診療科と協力して救急センターを構成し、「岡山ER」を実践する形になります。新病院の1階、1400m2もの広さに、診察用・処置用・観察用の各ブースにベッドを十分に設け、レントゲン検査やCT、MRI、内視鏡室も同じフロアに配置し、救急における待合や治療の質を向上させます。そして災害時医療の役割を担うべくDMAT(災害派遣医療チーム)も組織しています。

救急車は呼びづらいので、車やタクシーで行っても診てもらえますか?

もちろんです。救急車での診療だけでなく、ウォークイン(徒歩での受診)にも重点を置いています。ウォークインの救急患者さんの中にも、重症の方や緊急性の高い方もいらっしゃいますので、救急医よりも先にトリアージナース(病気の重症度・緊急度を判断する看護師)が状態を観察し、緊急性の高い患者さんに迅速な対応ができるようにしています(診察の順番が変わることがあることについてはご理解ください)。

どのような先生が診てくれるのですか?

救急専門医・総合内科医が、各専門診療科医と協力することで、患者さんがどんな症状でも「安心」して受診できる救急を目指しています。専門性の高い先進医療大国の岡山において、専門性にとらわれない「総合内科」、「救急医療」こそ今後成長が期待される領域です。「岡山ER」は、救急医療や総合診療に熱意を持った若手医師を集め、将来の「総合内科医」、「救急専門医」を育成する役割も担っています。

症状が落ち着いた後は、かかりつけの先生に紹介してもらえますか?

症状が落ち着いた軽症患者さんは、普段の生活管理が大切となるので、地域のかかりつけ医をご紹介します。他院での治療が望ましい場合や三次救命救急センター(岡山大学病院、岡山赤十字病院など)への転院が望ましい場合には、重症化を防ぐための初期対応を行った後に引き継ぎます。市民病院の各専門診療科に入院した際には、他の医療機関との役割分担・連携を行いながら、その後の病気の管理を行います。岡山地域全体で岡山市民の健康の安心に寄与するシステムづくりこそが「岡山ER」のテーマです。

スタッフ紹介

救急センター センター長
桐山 英樹 Hideki Kiriyama

顔写真:桐山 英樹

出身

平成6年
岡山大学医学部卒

専門

救急医学
頭部外傷
脳卒中
頭痛

資格

日本救急医学会専門医
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
JATECインストラクター
JPTECインストラクター
ISLSファシリテーター
臨床研修指導医
岡山大学医学部医学科臨床教授
日本DMAT隊員

救急センター 副センター長
芝 直基 Naoki Shiba

顔写真:芝 直基

出身

平成17年
岡山大学医学部医学科卒

専門

救急医学

資格

日本救急医学会専門医
ICLSコースディレクター
臨床研修指導医
岡山大学医学部医学科臨床准教授
​​​​​​​日本DMAT隊員

救急センター 副センター長
岡田 雅行 Masayuki Okada

顔写真:岡田 雅行

出身

平成6年
京都大学医学部卒

専門

小児血液がん
小児科一般

資格

医学博士(京都大学)
日本小児科学会小児科専門医
日本血液学会血液専門医
PALS プロバイダ-
NCPR プロバイダ-
臨床研修指導医
​​​​​​​日本DMAT隊員

主任医長
木浪 陽 You Kinami

顔写真:木浪 陽

出身

平成9年
岡山大学医学部医学科卒

専門

整形一般
救急外傷
手の外傷
創傷治療

資格

日本救急医学会専門医
麻酔科標榜医
日本整形外科学会専門医
日本体育協会スポーツドクター
臨床研修指導医

医員
浜原 潤 Jyun Hamahara

顔写真:浜原 潤

出身

平成19年
岡山大学医学部医学科卒

専門

糖尿病

資格
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
​​​​​​​日本DMAT隊員

医員
森田 吉則 Yoshinori Morita

顔写真:森田 吉則

出身

平成24年
岡山大学医学部卒

専門

救急医学

資格
日本救急医学会専門医