ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

がん治療サポートセンター

がん治療サポートセンターよりのご挨拶

顔写真:がん治療サポートセンター長

がん治療サポートセンター長
西村 守

当院は、県民がどこに住んでいても標準的ながん医療を受けられる体制の構築を図ることを目的とした「がん診療連携推進病院」の認定を岡山県から受けています。そうした中で現在、がん治療に対して積極的に取り組んでいるところではありますが、今後がん治療の更なる推進や患者さんへのサポートの強化を図る必要性があるために、2017年4月より「がん治療サポートセンター」を創設しております。

今後、以下の2点について取り組んでいきたいと考えております。

①院内での患者さん向け対応の改善

現在多くは、患者さん・ご家族からの依頼を病院スタッフが現場で察して、がん相談を受ける機会を作っているのが現状であり、今後、窓口を広くし、敷居の低い環境整備を目的として、

  • がん診断早期から、また、進行再発患者さんに困っていることはないか、今までに増してスタッフ側から寄り添って、相談が可能なシステムを作成していきたい。
  • 入院患者さんには、がん診療に関連する各病棟へがん診療リンクナースを配置し、患者さん・ご家族、またその人たちとかかわるスタッフから問題点を拾い上げ、がん相談に行けるシステムを作成していきたい。
  • がん相談に関するパンフレットを作成し、自由に手にすることができるように配置することにより、医療スタッフからの関りがなくとも、患者さん・ご家族側から、がん診療関連の相談の意思がある方には気軽に相談を受ける機会を作りたい。
  • OPTIMプロジェクト(緩和ケア普及のための地域プロジェクト)で作成された“生活のしやすさ質問票“を簡易化したもの作成し、入院時(場合によっては外来でも)に患者さん自身に記入していただき、その時々での患者さんの生活状況を把握して、提供可能なサポートの形を検討するための情報源として活用していきたい。
  • がん相談専門スタッフの配置を行う。がん相談支援センター相談員基礎研修(1)(2)の院内スタッフによる受講を行い、そのスタッフが窓口となり、患者さん・ご家族からの相談をより専門的に対応できる体制としていきたい。

②がん診療連携推進病院としての役割

「がん診療連携推進病院」とは、都道府県が当該地域においてがん診療の中核的な役割を担うと認めた病院とされています。がん診療の連携協力体制の推進・緩和ケアの提供・院内がん登録の実施・がん患者さん等への相談支援、情報提供などを充実させる必要があります。
また、統計学的データを充実させ、ここの患者さんの状態把握のみならず、包括的な観点からも今後必要となるがん医療の形というものを考えていきたいと思っております。
今後、少しでも患者さん・ご家族により良いがん治療を提供できる環境づくりの形を考えていきたいと考えております。

 

がんに関するご相談は、がん相談支援センターへお気軽にどうぞ。