ロゴ:岡山市立市民病院

文字サイズ

標準

ボタン:TEL
ボタン:MENU

新型コロナウイルス感染症への取り組みのご紹介

岡山市立市民病院は、第二種感染症指定医療機関の指定をうけており、通常診療に加え、新型コロナウイルス感染症患者さん(疑い含む)の対応も行っています。

地域で担う役割と責任を踏まえて、徹底した院内感染防止対策を行い、通常の受診でお越しいただく患者さんや入院されている患者さんの治療に影響が出ないように、以下のような取り組みを行なっています。

地域の皆様には、安心して受診にお越しくだいますようお願い申し上げます。

医師イメージ写真

 

外来診療の取り組み
  • 新型コロナウイルス感染症(疑い含む)患者さん専用の入口・診療室・病床搬入ルートの設備
  • 発熱の有無に即した患者さんの待合エリア・点滴エリアの分離
  • 受付や救急待合エリアでの適度な距離を確保するための誘導・配置
  • 入館経路の制限(通常4か所を2か所に制限)
  • 消毒薬等を利用した清掃の徹底
  • 手指消毒薬の設置(スタッフエリア、外来エリア、各出入口など)
  • 来院者全員を対象とした検温・問診実施
  • 受付業務職員のマスク・フェイスシールド等の着用
  • 各受付窓口へのアクリル板でのパーテーション設置
入院診療の取り組み
  • 新型コロナウイルス感染症患者さん、高度疑い患者さんの専用入院病棟の設備
  • 新型コロナウイルス感染症の可能性低下まで観察可能な病床の設備
  • 面会の原則禁止・記録による時間管理による入院患者への感染リスク低減策
  • 入院患者さんの外泊・外出禁止
  • 手術に関する資材の確保
  • 病棟医師固定による病棟間での感染リスクの低減化
職員の感染防止の取り組み
  • 出勤前の検温、部署ごとの健康管理・報告体制の構築
  • 職員の手指消毒実施や就業中のマスク着用の徹底
  • 感染症対応の教育の実施と反復
  • 業務におけるリスクに合わせた個人防護具の着用と適正な運用
  • 休憩時間中の会話の自粛、対面での食事の自粛
  • 不要不急の会議や集まりの自粛、会合時の席間隔の拡大、換気実施
  • 県外への移動に関する自粛と報告要請、必要に応じた自宅待機命令
  • 職員用ポータルサイトやメール等による感染防止に関する周知の徹底

taionkei.jpg

協力体制・院内体制
  • 行政(厚生労働省や県・市、保健所等)や医師会等との協力体制
  • 第二種感染症指定医療機関として感染防止マニュアルの整備・運用
  • 感染防止専門チーム(ICT/Infection Control Team)による感染管理の徹底・維持
  • 新型コロナウイルス感染症対策本部会議の定期的開催と方針の院内周知徹底
  • 症状に応じた地域医療機関(岡山大学病院等)との連携
  • 現場対応検討チームによる現場での問題点の迅速な抽出と早期対応
その他
  • 患者教室や一般市民向け催しの中止・延期
  • 学生実習の受け入れ制限、採用説明会の中止と WEB コンテンツ化による代替
  • 関連業者や来客の出入り制限実施、検温・問診実施

医療スタッフ