ロゴ:地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院 看護部
ボタン:TEL
ボタン:MENU

看護部概要

看護部長からのご挨拶

看護部長ご挨拶


 当院は「救急」「災害」「教育」の3本柱を掲げ、地域の急性期医療を担う医療機関です。
当院では「断らない救急」を実現させており、自治体病院として市民のみなさんに安心で安全な医療を提供しています。

 当院の看護部が大事にしているのは「人を大切に想う」という気持ちです。患者さんとそのご家族の価値観や意思を尊重し、患者さんファーストの最良な看護を追求します。そして専門的な知識やスキルを獲得し、多職種チームが連携できるよう役割調整を担える看護職を育成します。

 また新型感染症や自然災害など未曽有の脅威に対しても最前線で向き合います。私たちの支援を必要とする地域の方々がいるかぎり、いついかなる時も最高の医療・看護を提供するため日々自己研鑚に励み、地域医療に貢献していきたいと思います。

 

看護部長 近藤 温子

看護部理念

看護部理念

私たちは、すべての人に最高の看護サービスが提供できるよう努めます

看護部のあるべき姿

  1. 倫理に基づき、患者さんの人権を尊重し、思いやりのある看護を実践する。
  2. 専門職としての責任と誇りを持ち、安全で質の高い看護を提供する。
  3. 効率的で健全な経営意識を持って、看護業務を遂行する。
  4. 医療チームの一員として、看護の専門性を発揮する。
  5. 地域住民の健康増進のために活動する。

看護部概要(令和3年1月1日現在)

看護職員数 看護師 421名
助産師 15名
看護補助者 30名
介護福祉士 3名
クラーク 9名
看護体制 一般病棟 7:1
ICU 2:1
HCU 4:1
勤務体制 病棟・救急外来 3交代制
手術室・内視鏡室・IVR 日勤+オンコール制
看護方式 固定 チームナーシング+デイパートナー

看護部パンフレットPDF

パンフレットは下記PDFをご覧ください。