地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院

新型インフルエンザ対策訓練が当院にて行われました

11月8日(木)、「県南東部圏域における新型インフルエンザ等患者の移送に係る研修・訓練」(主催:岡山県備前保健所、岡山市保健所、広島空港検疫所岡山空港出張所)が、岡山市立市民病院にて開催されました。

訓練は、「国外から岡山空港へ向かう飛行機の中で新型インフルエンザの疑いのある患者が発生した」「その飛行機に搭乗していた乗客が、帰宅後に新型インフルエンザを発症した」という二種類の想定に基づき、それぞれ行われました。

第一の訓練は「連絡訓練(ロールプレイ)」と呼ばれる訓練で、新型インフルエンザ患者の発生に伴い、検疫所や保健所から病院、行政、消防等に対してどのように連絡をしていくかというシミュレーションを行いました。また、市民病院内の各部署どうしの連絡についても確認を行いました。

第二の訓練は「搬送訓練」で、市民病院の駐車場を空港や患者さんの自宅に見立て、そこから市民病院ERへの搬送、感染症専用の診察室での診察、専用エレベーターを使用した感染症病棟への搬送等の実動訓練を実施しました。

新型インフルエンザが発生した場合は、迅速な対応と厳重な隔離が求められます。

岡山市立市民病院では今後もあらゆる事態を想定し、準備を進めて参ります。


 

一覧へ戻る