地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院

サブメニュー

卒後臨床教育研修センター

「教育・人材育成」の重要性

 当院の役割のひとつに教育・人材育成があげられます。当院は、将来の岡山市の地域医療を担う世代の医療人の育成に尽力を注ぐことで、これからの岡山市の地域医療の活性化につながると考えています。
 教育・人材育成は、どの職種でも同じことが言えますが、一人の人材を育成するためには多くの時間と労力が必要ですが、人間には無限の可能性を秘めています。当院は教育・人材育成にかける時間と労力は惜しむことなく注力することを第一に考えています。

病院見学の受け入れ

 病院見学に来ていただける学生の方々の興味のポイントは十人十色です。当センターでは、見学者一人ひとりの希望に応じた見学プログラムを作成し、限られた時間で効率的に充実した病院見学をしていただけるようにしています。
 見学は1日で3科まで回ることができ、「短期集中でよかった!」「全体像が掴めてよかった!」など好評を得ています。
 見学は何度お越しいただいても構いません。スタッフ一同お待ちしております。
 
              ※平成26年度の実績 見学者数(平成27年3月から9月まで)45名
様々な大学から見学に来られています↓↓
岡山大、香川大、愛媛大、鳥取大、山口大、九州大、長崎大、東京医科大、近畿大、
京都府立大、大阪市立大、兵庫医科大…など

病院説明会の企画・開催

 年に3回、医学部学生を対象とした病院説明会を企画・開催しています。昨年の説明会では、実際に勤務している研修医が【岡山市民病院での研修 よいところ悪いところ】を包み隠さずプレゼンし、参加いただいた学生の方々から高評価をいただきました。当院での研修イメージを掴んでいただいた後は、職員食堂にて研修医や研修センタースタッフに気軽にご質問いただけたり、相談いただけたりする歓談の場も設けています。
 参加者アンケートでいただいた様々なご意見を参考にさせていただきながら、当センターではより有意義な説明会開催を目指します。

▼最新の説明会のご案内
 http://okayama-gmc.or.jp/contents/display/boshu/kenshui_setsumei.html

今後の展望

 平成28年度から初期研修医枠が8名から10名に増員となりました。院内外の医療人材育成を推進していくためには、臨床研修プログラムの向上や説明会の充実は欠かせません。
 実際に研修を受けている初期研修医の研修環境や条件を適宜評価しながら、研修医からの声も取り入れ、より一層の臨床研修プログラムの成長と充実を目指していきます。
 また、後期研修医も積極的に募集しておりますので、少しでも興味のある方はお気軽にご連絡ください。見学も随時受け付けております。