岡山市立せのお病院

院長挨拶

 当院は昭和22年4月に妹尾町立診療所として開設し、昭和50年5月に岡山市と藤田村との市町村合併を機に岡山市立せのお病院となりました。平成26年4月、地方独立行政法人への移行に伴い、岡山市立総合医療センターとして岡山市立市民病院と一体化し、緊密な連携のもと、医療や健診にあたっております。
 平成30年5月に60床すべてが地域包括ケア病床となりました。地域包括ケア病床では、急性期治療を終えた後の回復期、慢性期の医療を行い、在宅や施設への復帰支援と在宅患者さんの軽度急性期疾患(肺炎、骨折、腸炎など)の受け入れを担うことが中心の機能になります。具体的には、急性期病院で心筋梗塞、脳卒中、重症肺炎、がん、骨折などの中度、高度急性期治療を脱した患者さんの受け入れを行い、リハビリ、栄養管理、口腔ケア、認知症ケア、排尿自立支援、減薬調整、服薬指導等を実施し、在宅あるいは施設復帰に向けて、退院支援や調整などを行います。あるいは、在宅や介護施設で療養生活中の患者さんが骨折や肺炎などの軽傷急性疾患に罹患した時に緊急の受け入れを行います。
 また、平成29年に電子カルテを導入し、診療情報が岡山市立市民病院と共有されているため、当院で対応が困難な場合でも、円滑に市民病院のバックアップを得ることができます。さらに、MRI(磁気共鳴診断装置)やCT(コンピューター断層撮影装置)を近隣の医療機関にも利用していただくことや、地域の先生方と連携して地域の皆様が住み慣れた場所で自分らしい生活がいつまでも送っていただけるような体制を構築することで、公立病院としての役割や特性を発揮しながら地域に真に必要とされる病院として、今後も着実に歩んでいきたいと考えています。
 当院は、病院としては小規模の部類になりますが、アットホームな雰囲気の中で患者さんが治療を受けていただけるよう、職員が一体となって医療を実践するよう心がけています。皆様には今までにも増してご支援ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

院長代行 森末 真八