岡山市立せのお病院

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床のご案内

 当院では、突然の発症、検査等での疾病の発見から、急性期病院での治療を受けた後、ご自宅や施設等での
療養にご不安のある方に向けて、「地域包括ケア病床」をご用意しています。治療の継続とともに、必要な
時にリハビリテーションを実施し、退院支援看護師と医療ソーシャルワーカーが共同して円滑な退院支援を
行います。
 全床(60床)が地域包括ケア病床の病院として地域の皆さまに近いところで、健康を支える体制となっています。
 
 
















地域包括ケア病床とは

 地域包括ケア病床とは、一般病棟での治療や手術・検査が終了した後、すぐに在宅や施設へ移行するには
不安のある方や病状は改善したがもう少し加療が必要な方などが、在宅復帰に向けての『準備を整える』た
めの国から許可を受けた病床です。
 

対象の患者さん

  ◇継続したリハビリテーションが必要な場合
   例)骨折等の治療・手術後の継続したリハビリテーションが必要な方
 ◇経過観察が必要な場合
   例)入院治療により症状が改善された後に、もう少し加療が必要な方
 ◇在宅復帰への環境整備が必要な場合
   例)在宅復帰にまだ不安のある方、準備に時間が必要な方
 ◇福祉施設への入所準備中の場合
   例)特別養護老人ホーム等への入所準備をされている方
 

入院費

 入院費用は、包括診療となり、保険診療で定められた定額をお支払いいただきます。
 リハビリテーション料、投薬料、注射料、簡単な処置、検査料、画像診断料、入院基本料などの費用が
含まれた包括診療となり、病衣・おむつ代等保険診療以外のもの、食事代は含まれません。
 

入院期間

 入院後、状態に応じて期間は異なりますが、60日が限度となっております。

 

状況

  地域包括ケア病床に入院された患者さんに退院後も安心して介護サービスを活用した在宅生活および介護
施設での療養ができるよう、退院前に看護師と医療ソーシャルワーカーがお話を伺い、院内・院外の各専門
職や関係医療機関と連携を図り、悩みや不安を少しでも軽減できるようお手伝いしています。また、リハビ
リを目的にこの病床に入院された患者さんには可能な範囲で1日2回リハビリを提供し、充実した療養生活と
なるよう配慮しています。
  さらに、岡山市立市民病院リハビリテーションスタッフと連携し、リハ専門医・セラピストによるカンファ
レンスで効率的なリハビリを実施できます。