地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター

看護部紹介

統括看護部長からご挨拶

~一期一会~ 看護のすばらしさを次世代へつなげたい

131002_325 あなたは自分の得意なところを10個言うことができますか?

たいていの人は困ったような顔をして、「得意なところは何もありません」そう答えます。 「目覚ましがなくても起きられる」「どこでもすぐに眠れる」「人見知りしない」・・・など 一見すると何の変哲もないことのように聞こえるかもしれません。
でもこの当たり前のようなことを自分自身が気づき、認めることが大切なのです。 看護は「人間を理解することからはじまる」とも言われています。自分自身を理解して認めて初めて、他者を理解し受け入れることができるのです。
自分自身の再発見!はじめてみませんか?

看護部理念

私たちは、すべての人に最高の看護サービスが提供できるよう努めます

看護部のあるべき姿

  1. 倫理に基づき、患者様の人権を尊重し、思いやりのある看護を実践する。
  2. 専門職としての責任と誇りを持ち、安全で質の高い看護を提供する。
  3. 効率的で健全な経営意識を持って、看護業務を遂行できる。
  4. 医療チームの一員として、看護の専門性が発揮できる。
  5. 地域住民の健康増進のために、活動できる。

平成28年度看護部目標

患者の視点に立ち看護を実践することで患者満足度が向上する。

  1. 接遇の向上を図る。
  2. 入院から退院までの患者家族への説明・指導・支援をする。