地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院

平成27年度 岡山市立市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

(全体の集計方法と定義)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 323 162 225 341 488 639 1471 1943 1702 464
定義:平成27年度に退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)に集計したものです。年齢は入院時点の年齢を基準に集計しています。
解説:当院は地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんの診療を行っています。特に70歳代が一番多く、全体の4分の1を占めています。70歳以上の高齢の患者さんの割合は全体の約53%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

解説:診断群分類とは、傷病名や手術、処置の有無などの治療行為を組み合わせたもので、14桁のコード(DPCコード)で示されます。

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080X099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病あり 177 11.73 14.34 11.86 71.03 -
100070XXXXXXXX 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術なし 手術・処置等2 なし 124 13.98 15.35 2.42 61.19 -
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 122 20.42 21.69 35.25 84.39 -
解説:内科では、肺炎、誤嚥性肺炎など呼吸器感染症が多く、平均年齢も70歳以上となっています。特に高齢になるほど重症、難治化しやすく誤嚥性肺炎では平均3週間の入院となっています。急性期の治療が終了してもすぐに自宅へ帰ることが困難な患者さんは、転院して慢性期の治療を継続していただくことがあります。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335XX0200XX 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 62 7.10 7.84 3.23 60.56 -
050170XX03000X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 54 6.59 5.99 9.26 76.02 -
050180XX97XX0X 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 49 2.00 3.46 0.00 64.47 -
解説:外科では、最も多いのは胆のう炎の手術症例です。一般的には傷口が小さく術後の痛みも軽いため、1週間程度で退院出来る腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、癒着が強い場合は開腹手術となります。閉塞性動脈疾患とは、主に足(下肢)の動脈に動脈硬化が起こり、狭くなったりあるいは詰まるなどして流れる血流が不足するために痛みを伴う歩行障害が起きる病気です。放置すると足を切断しなければならなくなることがあります。治療は血行をよくするために狭くなった動脈内にステント(円筒状にした金網)を留置するカテーテル治療が一般的に行われています。軽症な症例は3日程度の入院ですが、重症化すると入院期間がさらに延びます。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 189 22.19 28.70 76.72 81.13 -
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 58 17.69 21.52 53.45 77.17 -
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 54 3.72 5.70 7.41 51.65 -
解説:整形外科では、高齢者の大腿骨近位端骨折が最も多く、平均在院日数は約3週間です。手術後早期からリハビリを始め、その後リハビリを専門とする病院などに転院していただき、連携して在宅復帰を目指しています。高齢者の増加に伴い、骨が脆くなる骨粗鬆症などが原因で起こる脊椎圧迫骨折が次いで多くなっています。硬いコルセットなどを装着し安静にする保存的治療と、手術によって治療する場合があります。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X099030X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病なし 74 22.93 18.08 36.49 72.12 -
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 45 13.02 10.02 11.11 73.42 -
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 38 11.13 7.52 18.42 56.92 -
解説:脳神経外科では、動脈硬化により血管が細くなりそこに血栓が詰まるアテローム血栓性脳梗塞急性期が最も多く、他にラクナ梗塞や心原性の血栓による脳塞栓症もあります。発症から4時間30分以内であれば血栓を溶かす血栓溶解療法が行われ、また、脳主幹動脈の血管が詰まっていれば、カテーテル治療(血栓吸引療法)も行います。発症後24時間以内であれば、神経症候や日常生活の動作障害、機能障害の改善目的のため脳保護薬のエダラボンを投与しています。脳梗塞に対する患者さんの機能障害に合わせて早期からリハビリを開始します。麻痺の軽い場合はリハビリ後退院できますが、麻痺が重く退院しても生活に支障がある場合は、リハビリの専門病院に転院してさらに訓練を継続していただきます。その次に多い症例は、救急科からの入院で頭部外傷が続きます。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 40 8.08 6.17 7.50 0.00 -
120260XX01XXXX 分娩の異常 子宮破裂手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 30 10.07 9.63 0.00 30.17 -
120170XX99X0XX 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 20 14.75 20.87 50.00 26.90 -
解説:産婦人科では、自然分娩での出産が困難、危険と判断された場合に行われる帝王切開の症例が最も多く、次いで切迫早産の患者さんが続きます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080X1XXX0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 77 5.74 5.72 0.00 3.97 -
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし 39 4.79 5.50 2.56 4.85 -
040100XXXXX00X 喘息 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 24 6.08 6.31 0.00 1.79 -
解説:小児科では、気管支肺炎や喘息などの小児呼吸器疾患の症例が多く、平均年齢は4歳未満です。次いで多いのは感染性胃腸炎などの消化器疾患で、嘔吐や下痢などの症状に対して脱水が進行しないように治療していきます。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 定義副傷病なし 28 11.29 11.97 3.57 56.79 -
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 手術なし 13 7.54 8.97 0.00 66.00 -
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.38 - - -
解説:皮膚科では、ひっかき傷や皮膚病によって皮膚表面にできた傷口からの細菌感染や、明らかな傷がなくても血行の悪い場合でも起こる蜂巣炎をはじめとする膿皮症が最も多くなっています。帯状疱疹は、帯状疱疹ウイルスによって起こる病気で、過労や大きなストレス、高齢者など免疫力が低下したときに発症します。治療はできるだけ早期に抗ウイルス剤の点滴や内服を行います。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 55 7.42 7.59 5.45 74.75 -
110200XX04XXXX 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 手術・処置等1 なし 51 7.53 7.90 0.00 71.41 -
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病なし 27 4.33 5.91 0.00 62.26 -
解説:泌尿器科では、膀胱癌で尿道から内視鏡を挿入して行う手術の患者さんが最も多く、次いで肥大した前立腺に対して低侵襲治療としてホルミニウムレーザーによる手術の症例が多くなっており、約1週間の入院で退院できます。

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X099030X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病なし 32 19.00 18.08 31.25 73.75 -
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 29 7.55 7.03 0.00 59.07 -
010110XXXXX40X 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 15 26.07 19.87 20.00 65.93 -
解説:神経内科では、脳保護薬のエダラボンを用いた急性期脳梗塞に対する薬物治療の患者さんが最も多くなっています。また突然意識を失って痙攣などを伴うてんかんの患者さんも比較的多く入院されています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 53 - 15 24 - - 1 7
大腸癌 14 26 50 51 10 19 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - 12 - 1 7
肝癌 16 21 10 - 17 96 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義:UICC病期分類とは、がんの進行度を判定する基準として国際的に活用されている国際対がん連合(UICC)採用のがんの分類方法です。日本で最も罹患率が高い5大がん(胃癌、肝癌、大腸癌、乳癌、肺癌)の病期(stage)ごとの症例数を初発と再発に分けて集計しています。Stageとは、がんの進行状態を示すもので、Ⅳ期に近いほどがんが広がっている状態となります。

解説:消化器がんの件数が多く、中でもドックや検診の上部内視鏡検査により胃癌はstageⅠの早期がんの件数が増え、初発の半分以上を占めています。また、大腸癌はStageⅢ以上の重症患者さんにも対応し、手術や化学療法など患者さんの状態に合わせた幅広い治療を行っています。再発することが多い肝癌は、超音波検査やCT、MRIなどの画像検査で定期的にフォローアップすることで早期に発見し、患者さんの状態に合わせ低侵襲的な手術を選択し治療を行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 43 8.09 51.28
重症度 1 49 12.47 79.00
重症度 2 29 13.21 79.83
重症度 3 42 16.21 84.05
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
定義:この集計の成人とは15歳以上の患者で、また市中肺炎とは普段の生活の中で感染した肺炎のことです。
重症度は市中肺炎ガイドラインに基づきA-DROPにより分類しています。
A(Age;年齢)         男性70歳以上、女性75歳以上
D(Dehydration;脱水)   BUN 21mg/dl以上、または脱水あり
R(Respiration;呼吸)    SPO2 90%以下(PaO2 60Torr以下)
O(Orientation;見当識)  意識障害あり
P(Pressure;血圧)      収縮期血圧90mmHg以下
1項目該当すれば1点で、5点満点。ただしショック(収縮期血圧90mmHg以下)がある場合は1項目のみでも超重症。

解説:症例数は重症度0から3まで幅広く分布しております。適正な抗菌薬の選択や全身管理を実施することにより在院期間は延びていません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 19 7.95 66.79 5.26
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 259 25.55 75.85 44.40
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 25 10.24 71.72 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
定義:ICD-10とは、WHOによって公表された疾病及び関連保健問題の国際統計分類で、死因や疾病の統計などに活用されています。

解説:当院においては脳梗塞急性期が最も多く、その大半は発症3日以内に治療を開始しています。迅速な治療と早期リハビリテーションを開始することで、日常生活動作(ADL)の回復に繋がります。また対象となる患者さん(脳卒中地域連携パス適応)は、地域の医療機関と連携してリハビリテーションを継続し在宅復帰を目指しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 144 2.19 2.74 3.47 68.94 -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 74 3.04 7.85 0.16 76.00 -
K654 内視鏡的消化管止血術 51 3.14 10.14 0.28 69.86 -
解説:内科は結腸のポリープに対して、内視鏡的手術の症例が最も多くなっています。内視鏡的胆道ステント留置術は、様々な病態により胆道が狭くなった場合にステント(円筒状にした金網)を挿入し、胆汁の流れをよくするために行う手術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 98 1.37 6.03 7.14 62.80 -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 90 2.97 4.47 0.41 77.42 -
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 49 0.00 1.00 0.00 64.47 -
解説:外科は胆嚢結石などによる胆嚢摘出術が多く、患者の負担が軽減できる腹腔鏡による手術が標準となっています。四肢の血管拡張術は、動脈硬化などにより狭くなった下肢の動脈にカテーテルを用いて行う治療です。足の潰瘍など合併症がある場合は、入院期間が少し延びることがあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 174 2.38 16.18 62.64 76.01 -
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 96 3.22 9.71 0.79 59.03 -
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 51 2.73 19.29 1.33 81.86 -
解説:整形外科では、高齢者の患者さんが転倒などで大腿骨を骨折した場合、髄内釘やプレートなどを使って骨を固定する手術や、骨頭を人工物に入れ替える手術が多く行われています。手術後に、回復の程度に応じてリハビリを専門とする病院と連携し転院していただくこともあります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 48 1.65 12.85 16.67 77.88 -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 18 1.56 28.11 0.38 78.00 -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 17 1.35 32.18 0.32 64.71 -
解説:脳神経外科では、高齢者の患者さんが転倒などが原因で、脳を覆っている硬膜と脳との隙間に溜った血(血腫)を洗浄除去する手術が最も多く、二番目の経皮的脳血栓回収術は、脳梗塞に陥る範囲を少しでも小さくするために血管が詰まる原因となっている血栓を吸引または回収する手術です。次に脳動脈瘤の破裂を防ぐため、血流が通わないように瘤の頚部(入り口)へクリップをかける手術が三番目となっています。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 17 1.53 8.29 0.00 31.41 -
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 15 1.27 7.73 0.00 28.40 -
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 12 0.00 5.33 0.09 0.00 -
解説:産婦人科では、緊急で行われる緊急帝王切開と、あらかじめ計画して行われる選択帝王切開術が上位を占め、自然分娩が難しい症例にも積極的に対応しています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 328 0.42 1.08 0.00 74.94 -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - - -
解説:眼科では、入院は手術目的となり、ほとんどの症例が白内障の手術です。

神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 10 25.30 20.30 70.00 77.90 -
K664-2 経皮経食道胃管挿入術(PTEG) - - - - - -
K386 気管切開術 - - - - - -
解説:神経内科では、脳梗塞などの障害で口から食事をすることが困難な患者さんに、外科の協力を得て十分な栄養や水分そして医薬品などを摂取する目的で胃瘻(内視鏡を使って造られたお腹の小さな口)を造り治療を行っています。その後、7割の患者さんが在宅復帰を目指して慢性期病院へ転院され、治療を継続しています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 55 1.56 4.49 5.45 74.98 -
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 51 1.22 5.51 0.00 71.22 -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 29 0.24 5.38 0.03 74.69 -
解説:泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍手術と前立腺肥大に対する手術がほぼ同じくらいの件数となっています。手術の前日に入院して、入院期間は約1週間程度です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 10 0.13
異なる 14 0.18
180010 敗血症 同一 65 0.84
異なる 18 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.19
異なる - -
定義:平成27年度に退院された患者総数に占める割合を発生率としています。

解説:免疫力が低下したときに発症しやすい敗血症や真菌感染症、また播種性血管内凝固症候群や手術・術後の合併症など、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、入院契機病名の同一性を区別して集計しています。当院は重篤な感染症を発症しやすい血液腫瘍疾患の紹介患者さんが多いこと、積極的に受入れを行っている救急搬送患者さんの主疾患に合併症として発症するケースが多いことなどが考えられます。
更新履歴
平成28年9月28日
新規公開