地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター

新・岡山市立市民病院

新病院が目指す基本方向

21世紀型の新たな地域医療ネットワークを確立

21世紀型地域医療ネットワーク

新病院では、救急医療(岡山ER)と保健・医療・福祉連携への貢献を重点分野とします

救急医療(岡山ERの構築)

救急医療及び地域医療を担う医師等の教育・人材育成を強化するため、症状にかかわらず救急患者を受け入れ、初期診療を行うER型救急システムを岡山大学と共同して構築します。

保健・医療・福祉連携への貢献

保健医療福祉行政への協力

新市民病院内に市が設置する保健・医療・福祉連携に係る総合相談窓口と密接に連携し、退院患者の在宅復帰に向けた支援や医療に係る専門的な相談に対して支援する。また、市が主催する保健医療福祉関係団体等との連携会議へ参加するなど市の保健医療福祉部門との連携を推進する。

疾病予防の取り組み

市民の健康を守るため、市民に対して健康支援講座を定期的に開催するとともに、健康支援に係る相談に応じるなど引き続き市民の疾病予防に向けて取り組む。

(仮称)岡山総合医療センター構想のイメージ