地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター

看護部紹介

看護部長からご挨拶

写真

「一人ひとりの笑顔のために」

看護部長
近藤 温子

笑顔は人をひきつけ、人を幸せにする不思議な魔法です。 私たちは、看護師がいつも笑顔で生き生きと働いている、そんな看護部を目指しています。当院で働くことに自信と誇りを持ち、患者さんやご家族に温かい心で寄り添える。そして人を大切に思い、困った時にそっと手を差しのべられる思いやりのある看護師を育成しています。
北長瀬というこの地で、岡山市立市民病院の持つ役割を果たし、看護で選んでいただけるように今後も努力を続けていきたいと思います。

看護部理念

私たちは、すべての人に最高の看護サービスが提供できるよう努めます

看護部のあるべき姿

  1. 倫理に基づき、患者さんの人権を尊重し、思いやりのある看護を実践する。
  2. 専門職としての責任と誇りを持ち、安全で質の高い看護を提供する。
  3. 効率的で健全な経営意識を持って、看護業務を遂行する。
  4. 医療チームの一員として、看護の専門性を発揮する。
  5. 地域住民の健康増進のために活動する。

平成29年度看護部目標

患者の視点に立ち看護を実践することで患者・看護師の満足度が向上する。

  1. 退院後の暮らしを見据えた患者・家族への支援をする。
  2. デイパートナー方式の定着を推進する。