地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター

理事長挨拶

理事長
理事長 松本 健五

岡山市立総合医療センターのホームページにアクセスいただきありがとうございます。

平成26年4月1日に公営企業の全部適用から地方独立行政法人への経営形態の移行にあわせホームページを一新いたしました。
新法人の正式名称は「地方独立行政法人岡山市立総合医療センター」となり、その法人が岡山市立市民病院及び岡山市立せのお病院を運営します。最近のめまぐるしく変化する医療環境に機敏かつ柔軟に対応し、経営の安定を図りながら、それぞれの病院の持つ特性に応じた医療機能を維持・充実し、公立病院の役割を発揮し続けていくために、この法人を設置したものです。
地方独立行政法人に経営形態が変わっても公立病院、市立病院、自治体病院であることには変わりありません。市の医療政策として求められる救急医療、感染症医療、災害時における医療及び高度医療の提供、地域医療の支援などおこなうことにより、市内における医療水準の向上を図り、もって市民の生命と健康を守ることが本法人の使命とされています。
法人化後は、より迅速かつ柔軟な人材確保、人員配置が可能であり、弾力的な病院運営が可能となるメリットを最大限に生かし、中期目標・中期計画に基づく運営により、市民の皆様が必要とされている医療を提供していく一方で、不採算であっても不可欠な医療についても自治体病院として引き続きしっかり対応して参ります。
いずれにしましても、医療の質を落とすことなく、効率よく業務を推進し、持続的な安全・安心の提供、地域の医療レベルの維持・向上に努めるなど公立病院としての役割を着実に果たしてまいります。市民の皆さまから頼りにされる病院、選ばれる病院となるよう引き続き努める所存です。

今後の活動への、ご理解、ご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。