地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター

研修プログラムについて

研修目標(概要)

医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)、加えて医療安全への配慮を身につけることを目的とします。

教育コンセプト

「Specialist on generality」     ~裾野の広い専門医~
「Generalist with subspecialty」  ~得意領域を持つ総合診療医~

・裾野が広い医師を育成。大病院でしか働けない医師ではなく、地域でも活躍できる医師を育成。
・各専門領域も先進的な域まで研修可能。個々の得意分野や関心のある分野をしっかり伸ばすことができる環境。
・「For the patient」に基づいた診療サービスを提供できる医師を育成。

研修プログラム(2年間)の内容

※PGY=Post Graduate Year(卒後年数)

①救急科必修研修 3ヶ月(PGY1=2ヶ月、PGY2=1ヶ月)
②内科必修研修 6ヶ月(PGY1=5~6ヶ月、PGY2=0~1ヶ月)
総合内科(内分泌・膠原病含む)、消化器内科、神経内科、血液内科、呼吸器内科、糖尿病内科、循環器内科の7つの診療科から5-6つの診療科を選択。
③専門科必修研修 3ヶ月(PGY1)
外科、麻酔科、産婦人科、小児科の4つの診療科から3つの診療科を選択。
④地域医療必修研修 1ヶ月(PGY2)
地域病院(1ヶ月以上。クリニックとの組み合わせでは2週間可)は、大原病院、福渡病院、せのお病院、重井医学研究所附属病院から選択。また、地域クリニック(2週間)は、安田内科医院、片岡内科医院、佐藤医院から選択。
⑤精神科研修 1ヶ月(PGY2)
岡山県精神科医療センター。
⑥自由選択研修 10ヶ月(PGY1=2ヶ月、PGY2=8ヶ月)
内科必修診療科7つ、専門科必修診療科4つ、救急科、脳神経外科、整形外科、放射線科、泌尿器科、皮膚科、リハビリテーション科、眼科、心療内科、病理・検査科、地域医療のなかから選択。
 

希望表提出スケジュール

研修プログラムスケジュール作成にあたり、3回に分けて希望表を提出していただきます。
希望表は「②内科必修研修」「③専門必修研修」「④地域医療必修研修」「⑥自由選択研修」の4つの分野で提出いただいています。

時 期 希望提出内容
【第一期】入職前 ②(6ヶ月)、③(3ヶ月)
【第二期】4月頃(PGY1) ⑥(2ヶ月)
【第三期】1月頃(PGY1) ④(1ヶ月)、⑥(8ヶ月)

☆年間スケジュール(例)

 <1年目>

年間スケジュール(1年目)

<2年目>

☆週間スケジュール(例)

週間スケジュール(例)

お問い合わせ

ご不明な点、ご相談は下記までお問い合わせ下さい。

臨床研修担当 秘書/藤井・人事/戸田
E-mail:kenshu_center@okayama-gmc.or.jp
電話: 086-737-3000 内線(2449)